見つけた古銭

あれ?この前の日記も今年の初堀だ。1年ぶりか、、、、。

今年は、砂金なんかないはずの川の調査。近くの花崗岩の分析結果にもAuは全く含まれず。
ほぼ真砂土の川で砂鉄も殆ど残らない。
雲母だけはキラキラとしていて鬱陶しい。
ポイントを移動しながら山向こうの川へ移動。少し石の様子は変わるが、相変わらず真砂土と雲母。
でも少しばかり砂鉄が残り始めたので根気よく、、、。
出ました。砂金。少しですが、雲母ではありません。砂鉄の下から明らかに比重の重い金色の粒。
形状は凸凹してるが小さくて良くは分かりません。数粒回収。
家に帰ってみても、粒状もやっぱり金でした。
近くに金山もない、予想外の場所で見つけられるとそれはそれで、嬉しいもの。

帰りに、しっかりとれるだろう川でポットホールを責める。
結構出る出る。菊の御紋入りの古銭も3枚。
かなり深いポットホール。下からは、何やら銀色がかった塊が。
鉛の塊?にしては銀色強いし、、、。形状はナゲットそのもの。4~5センチ位で少し平べったく
強く押すと曲がり、結構な重さ。
ナゲットだったら嬉しいのだけどな~~。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ